鳥と暮らす

アキクサインコやオカメインコを飼っています。
良くも悪くも飼い方の参考になり、より多くの鳥たちが元気に暮らせれば幸い。
  にほんブログ村 アキクサインコへ にほんブログ村 オカメインコへ

ケージラック完成

一年も前に作り始めた新しいケージラックがようやく完成しました。愛玩動物飼養管理士の試験勉強や屋外の暑さ寒さで何度も中断していました。


連休は遠出もせずにのんびりと作業をして過ごしたんです。


保温電球は作り付けです。


太陽光ランプはタイマー設定で点灯できます。


同じくタイマー設定で給水します。

今回は3dプリンター を使って部品を作りました。

それからそれから

オカメの雛たちが次々と亡くなったり、飼い主の体調が良くないせいもあり、更新が滞ってしまいます。。


昨日、亡くなったヒナのゼータの火葬と海洋散骨を行いました。

成長したオカメの子をしっかり灰や炭にするため、1時間以上じっくり焼きました。


デルタやイプシロン、そして両親は元気にしています。でも、4羽もヒナが亡くなったことを思うと寂しくなります。


実は、Popoママが新しい卵を産んでいます。

末っ子のゼータが巣立ちしたら程なく巣箱を閉鎖して新たな子育てを中止させる予定でした。

しかし閉鎖せずにに少しだけ続けさせてみることにしました。


アキクサ女子ではPakoちゃんが産卵してます。でも無精卵です。


肝心のオスのPiuちゃんは近頃はPanちゃんと仲良しで。

本 手作り飼育グッズ

買ってみました。

 


愛鳥のための手づくり飼育グッズ: DIYでうちの子にぴったり 鳥が快適・幸せに暮らせる
愛鳥のための手づくり飼育グッズ: DIYでうちの子にぴったり 鳥が快適・幸せに暮らせる
誠文堂新光社




どんな工具や部品を使おうとしているか、始めに紹介している辺りが特徴かも。DIY系の本なら普通ですが、鳥飼いの本ではあまり見たことがない気がします。

ゼータが逝ってしまい

今朝、末っ子ヒナのゼータが逝ってしまいました。


目覚めて最初にオカメたちのケージを覗いたとき、ゼータはケージの底に居ました。そして変だと思いました。頭を上げていたものの他の子たちと違い、こっちを見ていないのです。
ケージから拾い出してみると、とても動きが鈍い。


すぐに温かいさし餌を用意して、ゼータの元に戻ったのですが。そのときはもう絶命していました。



今年は早くに亡くなる子が多くて残念です。
それとも前回が上手く行き過ぎてた?