鳥と暮らす

アキクサインコやオカメインコを飼っています。
良くも悪くも飼い方の参考になり、より多くの鳥たちが元気に暮らせれば幸い。
  にほんブログ村 アキクサインコへ にほんブログ村 オカメインコへ

Peleの真菌感染の経過

アキクサPeleちゃんに抗真菌剤の投与を続けていましたが、病院で再び便検査をしてもらいました。

結果は「真菌は見当たらず」とのこと。
良かった。一安心です。
薬剤投与は終了し、念のため2週間後にもう一度検査しましょう、となりました。


先住の仔達と触れ合えるようになるまで、もう少し。


Popo3歳、ロス・ペリー先生

オカメのPopoちゃんは今月で満3歳になります。


おめでとう♪


おめでとうって言ってんのに怒らないで!



先日の記事でもリンクを貼った便検査の解説本を電子書籍版(PDF/eBook)で購入しました。


Doctor Ross Perry's "Bird Poop Book"


顕微鏡の使い方、病原菌や病原虫の見分け方がカラー写真で解説されています。
全て英語ですが、自分で便検査ができるかもしれないと思わせる内容です。
ただ、果たして顕微鏡を買うのか、、、今しばらく思案中です。


それはさておき、シドニーGold Coast の南に在住の著者のRoss Perry先生から直接メールが届いて驚き、喜びました。PDFファイルをダウンロードして読めているか確認の問い合わせでしたが、まさか先生ご自身からそんなものが届くなんて思いもよりませんでした。
日本でも知ってる人は多いでしょうか? 恐ろしい病気であるPBFDを引き起こす病原ウィルスを世界で最初に特定したのがRoss Perry先生なのです。


こちらから先生には本の賛辞やウチの仔らの写真紹介をメールしました。


====
Poopとは「うんち」のことだそうで。
Bird Poop Bookは「鳥フン本」ですね。


随分前に日本で「みんなうんち」という絵本を書店で見てびっくりしたことがあります。


Peleちゃんの投薬

今日もPleleちゃんに抗真菌剤を投与しています。


薬を一口飲ませるには先ず保定しなくちゃいけないのですが、
荒ちゃんなので、捕まえようとしてもケージの中で逃げる逃げる!!
でも、一度手の中に収まると、あまり暴れないので助かります。


便検査を自分で出来ないかと、調べたりしています。
要するに、便を顕微鏡で観察し、おかしな奴がいないか探せばいいらしい。
便検査に使える顕微鏡も中古ならそんなに高価でもないようです。


「誰でもできる便検査」なんて、解説DVDとか出ないかなあ??