鳥と暮らす

アキクサインコやオカメインコを飼っています。
良くも悪くも飼い方の参考になり、より多くの鳥たちが元気に暮らせれば幸い。
  にほんブログ村 アキクサインコへ にほんブログ村 オカメインコへ

くしゃみクシュクシュ

今朝の放鳥でのアキクサ達。Piuちゃんが少々羽を膨らませています。。。

先週、オカメの雛のガンマちゃんが亡くなった要因は巣箱内の温度ではないかと気になりました。巣箱を入れている空間の温度は見ていたのですが、巣箱の内部の温度を直接は計っていなかったので、なんとも言えません。そこで、巣箱に温度計のセンサを取り付けて、巣箱内部の温度を直接計れるようにしました。
巣箱内の温度を約30℃に保ち、なおかつケージや飼い主の生活環境も過ごしやすい温度になるように、今週は調整し続けています。調整しているのはエアコンとケージ棚の扉の開き具合、そしてサーキュレーターです。これがなかなか微妙です。
昨日から、オカメのPeaパパがくしゃみ(咳?)をクシュクシュし始め、今朝はアキクサのPiuちゃんまでクシュクシュです。私は暑がりなので室温25〜26℃くらいが快適なのですが、みんなには寒いようです。冬の間の保温温度と同じくらいなので問題ないだろうと思ったのですが。
インコたちは夏向きの体になってるのか、それとも冷房の空気は暖房とは違うということなのか。。。
今日はエアコンの設定温度を1℃上げたり、ケージ棚のアクリル扉を閉じてみんなのケージ内を27〜28℃に保つようにしました。
おかげで、PeaパパやPiuちゃんは午後には殆どクシュクシュしなくなりました。


引きこもりPeleちゃんは出てきませんでした。土曜日なのに。
先日のPonちゃんの攻撃の後、まだ一度も出ていません。


Peaパパはクシュクシュしながらも、鼻水は出ないし羽も膨らませず元気に飛び回り、育児も普通どおりでした。


オカメの雛4羽は元気です。(→ アルファとベータの里親募集

アルファ105g、ベータ117g、デルタ100g、イプシロン90g。


夜の放鳥にて。クシュクシュしなくなったPeaパパ。
育児が楽になってきたようで、私の左の肩でまったり。

そして、右の肩ではPopoママがまったり。

アキクサたちは私の足をみんなでカジカジでした。イタイってば。



オカメインコ雛 里親募集 ☆無償☆

成長中のオカメインコの雛の里親さんになってくれる方を募集いたします。
今回は無償です。


(1)アルファちゃん(仮名)里親様募集中(7/25再開)
  6月22日孵化。雌雄不明。
(7月25日撮影)


(7月13日撮影)


(2)ベータちゃん(仮名):里親様募集中
 6月25日孵化。雌雄不明。
(7月21日撮影)

(7月13日撮影)


【応募資格】
 ア)転売など絶対にせず、終生飼養の心構えのある方。(無償につき必須
 イ)ヒナをさし餌で育てた経験のある方。(雛の飼養に不適な時期のため)
 ウ)24時間常時、温度管理ができる方。(同上)
 エ)オカメインコを診てもらう病院のアテがある方。
 オ)大事に、大事に、大事にしてくださる方。


【応募方法】
本記事の「コメントを書く」にて、下記5項目について投稿ください。(公開しません)
(1) お名前
(2) 住所/飼育場所(市町村名まで)
(3) 鳥の飼育歴、育雛歴、繁殖経験
(4) お迎えご希望の仔の名前
(5) お迎えご希望時期、あるいは月日
なお、「メールアドレス」の欄の記入もお忘れなく。


【お引き渡し場所について】
 JR常磐線勝田駅または水戸駅、あるいは当方の自宅(茨城県ひたちなか市)にて。

引きこもりPele、オカメ雛の成長

昨日の朝の放鳥でのことですが、引きこもりアキクサのPeleちゃんがケージを飛び出しました。少し飛んだり、走り回ったり。。。。
ちょっと目を離した隙に「ぎゃ、ぎゃ」という鳴き声がしたので見てみると、ローズのPonちゃんがPeleちゃんを攻撃中でした!
走って逃げ回るPeleちゃん。ついには、飛び上がってケージに帰ってしまいました。


懲りずにまた外に出ようよ。Peleちゃん。


Ponちゃん。アンタのお婿さん候補なんだよ。どうしてそうなるの?
(こうして手に乗ってくれますが、よく噛んでくる仔でもあります。)

故Pupuちゃんとの馴れ初めの時は、まるで一目惚れのようでした。その時はPonちゃんは惚れっぽいとも思いましたが、大人のオスなら誰でもいいわけじゃないようで。
時季が悪いのかも。。。まあ、諦めずに見守ります。


今夜はオカメのヒナたち4羽の体重測定。2日ぶりです。
アルファちゃんは前回と同じ111g。横ばいになりました。飛べる体作りの時期へ。


ベータちゃんはアルファちゃんを超えて115g。ほっぺのチークが浮かんできました。


デルタちゃんは84g。短い間だけど、江戸時代の子供のような髪型に見えます。

イプシロンちゃんは71g。やはり他の仔の同時期より重めのまま推移しています。
しかし要因として一つ気付いたことが。
イプシロンちゃんは午前2時頃に孵化したのです。小学1年生も3月生まれと4月生まれでは体格が違うというのと同じでしょうね。


今夜はもう一つ記事を書きます。重大発表です!! (大げさ?)



オカメ雛たちの成長

オカメの雛たち4羽は順調に成長しています。
体重測定結果です。


アルファちゃんは111g。また増えました!
そろそろ伸び止まりだと思いますが。


ベータちゃんは104g。


デルタちゃんは65g。


イプシロンちゃんは53g。瞼が開いてきました。


成長ぶりをプロットしてみました。

意外にも、末っ子のイプシロンちゃんが他の子より体重が重くなりそうな雰囲気です!
果たして今後どうなるか、楽しみです。


アルファちゃんは伸びた筆毛が解けてきています。巣箱の中でバタバタ始めるのかな。